こちらはシーズーミックス*マック君に
素敵な家族を見つける為のブログです

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マック君の近況
 
 <預かり初日からのまとめ>


 ご親族の手を離れ、
 初めて預かり宅に到着した日、
 マック君のお顔からは
 笑顔が完全に消えていました。
 (以下3枚、初日夜の写真です)



 どんなにあやしても




 暗い表情は変わらず




 何枚シャッターを切っても
 全て同じお顔に・・・



 笑顔だけしか見たことのなかった
 私たちにとって、その姿は衝撃で、
 マック君の悲しみの深さに
 一同もらい泣きしてしまうほどでした。
 




 亡くなられたマック君のパパである
 「優しいおじさん」。
 そのお人柄を表すのに
 いちばんピッタリのエピソードを
 ひとつご紹介します。
 
 ある日その方は
 何故かとても急いでおいでで
 「どちらへ?」と伺うと、
 照れくさそうにビニール袋をちらり。

 「繋がれっぱなしで
 お散歩にも出してもらえない
 痩せこけた犬がいるんだよ。
 だからこっそりパンを持って行ってやってるの。
 その子にも嬉しいことが一つあったら
 少しは生きるのも楽しいんじゃないかと思ってね。」

 私は後ろ姿を見送りながら、
 胸がジーン・・・

 自分の犬だけでなく
 どんな子にも愛情を注ぐ
 優しい心遣い。

 「全ての飼い主さんが
 こんな方ばかりだったら
 世の中に不幸な犬などいるはずないのに!」と
 つくづく思ったのです。そして同時に、
 そんな素晴らしい方のお家の子になれた
 マック君は幸せ者だなぁ〜とも。
 
 だから余計、この日のマック君が
 不憫でなりませんでした。
 あんなに温かいお人柄の
 飼い主さんと別れるなんて・・・


 ー 絶対に幸せになって欲しい ー


 不安げに丸めたな背中を見ながら
 私たちは心を寄せ合い、
 「ちいさなおうえんだん」を
 作ることに決めたのでした。




 今、マック君を預かっている方は
 トリミング嫌いの彼を
 唯一カット出来る
 ベテラントリマーさんです。

 高い技術と、動物に対して
 溢れる愛情をお持ちの方で
 我が家の犬もずっとそちらで
 お世話になってきました。

 マック君が少しでも笑顔に戻れるように、
 そしてうんと可愛く見えるように(笑)、
 毎日、ケアや躾を繰り返しながら
 大切にお世話をしてくれています。
 
 先週末にもお邪魔したら
 丁度お散歩から
 帰って来たところでした。


 マック君、初日とは打って変わって
 表情は和らいでいます。
 思わず呼び止めると・・・




 ハイ、こんなお顔を見せてくれました。




 やっぱりこの子には笑顔が最高に似合います!




 「シーズーはお耳を長めに切った方が
 女の子の髪みたいに可愛く見えるけど、
 この子は耳を触られるのが嫌いだから
 少しでも負担がないように短くしているの。」
 とは、預かりさんの弁。




 そんな「気配りデザインのお耳」
 如何でしょうか?(笑)




 初日から一週間目に
 ブログの紹介用写真を撮る為、
 我が家の車で出掛けたマック君でしたが、
 私たち夫婦のことも
 しっかり覚えていてくれて、
 会った途端にお腹をゴロ〜ン。
 その甘えん坊加減は
 写真が撮れないほどでした。(すみません!)


 今度の週末、お見合い前に、
 預かりさんはもう一度
 気合いを入れてカットするとのこと(笑)。


 強烈な雨女の私。
 今はマック君の足を引っ張らないことだけを
 祈るばかりです(^^;)。
 





ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックアリガト